menu

専門員紹介

TOP > 専門員紹介

当事業部には、ライフサイエンス分野で経験・知識が豊富な専門員が4名おります。この専門員は現在地域イノベーション・エコシステム形成プログラムや革新的イノベーション創出プログラム、令和元年度に完了したリサーチコンプレックス推進プログラムの事業に関わっており、その事業を通じて立地企業や関係機関、地域の実情も把握していることから、計画立案や調整、事業化支援計画など、具体的な支援やアドバイスが可能です。

河野 裕(こうの ゆたか)

〇殿町キングスカイフロントクラスター事業部
オーガナイザー補佐・イノベーションプロデューサー
〇文科省地域イノベーションエコシステム形成プログラム
副プロデューサー

略歴説明

大阪大学大学院応用薬学研究科前期課程修了(修士号取得)。アステラス製薬株式会社(旧藤沢薬品工業(株))入社。その後、平衡神経科学領域で医学博士号取得。
製薬企業での20年を越える企業でのR&D(薬理研究、国際臨床開発)経験を活かし、大阪府での産業振興施策、幾つかの大学での講師、招聘教授の就任等、そしてVCでのベンチャー育成などに従事。
さらに、大阪府在籍時には、米国NIHにVisiting Scientistとして留学した経験も活かし、海外(ドイツ、USA、中国、台湾、タイ)のバイオクラスターとの交流に努め、大阪府内のベンチャー企業、製薬企業と海外企業の提携を実現した。
これらの経験を活かし、クラスター運営で重要な要素である産官学金のネットワーク形成に役立てたいという強い思いがある。

自己紹介や取り組みたい内容等の一言

COVID-19の蔓延による経験したことのない危機に直面して思うのは、阪神・淡路、東日本大震災など数多くの大災害の度に、一般ボランティアの活動を含め、国内外の支援の輪が広がることです。絆を感じ胸が熱くなります。縁があって、関西から川崎市産業振興財団に籍を置いていますが、先の見えない今だから、当財団がこれまで取り組んできた“顔の見える”ネットワークが輝くと考えます。日本の復活のポテンシャルを信じ、私達の繋ぐ役割を全うしていきたいと思います。

松川 泰久(まつかわ やすひさ)

〇殿町キングスカイフロントクラスター事業部
イノベーションプロデューサー
〇文科省地域イノベーション・エコシステム形成プログラム
ライフサイエンスチーフコーディネーター

略歴説明

京都大学大学院薬学修士課程修了後、田辺製薬に入社し、薬物動態、製剤、DDSなど創薬研究、さらに、研究企画部門にて提携関連業務に従事した。また、日本初抗体医薬品であるレミケードの承認申請にも従事した。博士号と社会人MBAを取得後、武田薬品に転職し、新規事業の創成、再生医療ならびに遺伝子治療等の新技術発掘に従事した。再生医療では、京都大学CiRA・iPS細胞研究所と武田薬品の共同研究プロジェクト・T-CiRAに参画した。

自己紹介や取り組みたい内容等の一言

経験とネットワークをベースに、研究、適切なパートナー探しからアライアンスマネジメントに至るまで総合的な支援サービスを製薬企業サイドの実務経験から提案することを心懸け、殿町を人の集まる国際的バイオクラスターにしたい。

高橋 亘(たかはし わたる)

〇殿町キングスカイフロントクラスター事業部
イノベーションマネージャー
〇ナノ医療イノベーションセンター
統括補佐

略歴説明

東京工業大学大学院 生命科学専攻 修士課程。旭化成工業(株)に入社後、医薬品の製造方法研究と特許訴訟に携わり、旭化成ファーマに分社後は、創薬研究所長、知財部長、オープンイノベーション部長などを経て、ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)へ出向。定年退職後はiCONMと殿町キングスカイフロントクラスター事業部に籍を置く。企業では薬の種を探す創薬研究から、新製品のライフサイクル・マネージメントまで携わることができた。製薬産業の広範囲なプロセスに精通していることが強み。

自己紹介や取り組みたい内容等の一言

これまで製薬企業やナノ医療イノベーションセンターで培ってきた経験や実績を活かして、「病気で困っている人を助けたい」と頑張っているキングスカイフロントの若い研究者やイノベーターの手助けをしていきたいと考えております。

甲田 岳生(こうだ たけお)

〇殿町キングスカイフロントクラスター事業部
イノベーションマネージャー

略歴説明

東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了後、産業技術総合研究所等で細胞生物学・核酸工学を中心に研究を行う。2001年にバイオ専門の独立系VCに参加し、大学発の技術を創薬につなげる事業計画の立案、製薬企業とのパートナリングなどのハンズオン支援を行う。また、筑波大、東工大、東大などで科学知識を産業界や社会で役立てるための講義を行った。2009年SBIファーマ入社、医薬品製造販売業の立ち上げと医薬品開発戦略策定を行う。2017年、独立系VC・ファストトラックイニシアティブ(FTI)に参加すると同時に、キングスカイフロントのリサーチコンプレックス事業化支援担当に就任した。生命科学に限らず科学技術全般に興味を持ち、読者や聴衆に合わせて解説することを得意とする。薬剤師、博士(薬学)

自己紹介や取り組みたい内容等の一言

経験を活かし、日本の先進的なテクノロジーを殿町で育て、世界の市場に発信するお手伝いをしたいと願っています。そのために、アイデアとアイデア、人と人が自然に結びつく環境を殿町キングスカイフロントに築くのが目標です。

ページのトップへ