menu

事業部概要

TOP > 事業部概要

殿町キングスカイフロントクラスター事業部とは

川崎臨海部に位置する国際戦略拠点「キングスカイフロント」は、創薬、創薬支援、再生医療、医療機器などのライフサイエンス分野を中心とした、世界最高水準の研究開発から新産業を創出するオープンイノベーション拠点として、立地機関の集積が進展してきました。特に、多摩川をはさみ羽田空港の対岸に位置することから、世界から来訪する方々に我が国の最先端技術をご覧いただくショーケースとしての機能を持つことができ、比類ない地の利を有しています。

またキングスカイフロントでは、拠点の成長にあわせて、立地機関が中心となり、「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」、「リサーチコンプレックス推進プログラム」及び「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」などの国の大型研究支援プログラムが採択、推進され、多くの成果が創出されつつあります。こうした成果から、我が国の成長戦略拠点である、「スタートアップ・エコシステム東京コンソーシアム」に参画し、拠点都市に選定されるなど、国内外から、大きく注目されるイノベーション拠点となっています。

当事業部は、川崎市産業振興財団が令和2年度より川崎市臨海部から引き継いだ事業を実施し、このキングスカイフロントを今まで以上に、優秀な人材が集い、新たなビジネスを生み出すことができる場とするため設置されました。産学官金の多様な事業プレイヤーが、研究開発活動、事業化支援、人材育成等を通じて、オンサイト/オンラインで相互に連携・共創することで、地域に新たな付加価値・新規ビジネスを産み出すまちづくりを目指します。

組織概要

組織設立: 2020年4月1日

オーガナイザー: 土屋裕弘

事業部長: 髙梨憲爾

オフィス所在地: 〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)1F

オーガナイザーからのご挨拶

土屋オーガナイザー

川崎市産業振興財団 殿町キングスカイフロント クラスター事業部オーガナイザーの土屋裕弘でございます。
当事業部は、「キングスカイフロントの研究開発・事業活動の更なる活性化を通じて、イノベーションが次々と生み出されるエコシステムを形成することによって、本エリアを、世界最高水準のクラスターに発展させること」を目指して、2020年4月に発足致しました。

これまで、本エリアの基盤整備や立地機関の各種活動支援に取り組んできた川崎市と連携・協働して、産学官金の多様なプレイヤーによる研究活動、事業化支援、人材育成等を通じた、新たな付加価値を創出するまちづくり、「クラスター運営」を行ってまいります。

当事業部には、私を補佐するイノベーション・プロデューサーおよび運営マネジャーとして、製薬企業で医薬品の研究開発の経験のある4人のサイエンティストが専門員として就任しております。ほとんどが海外経験豊富でPh.D.を持っており、中にはMBAを有している者、行政の経験がある者もおります。

また、事務ラインは、川崎市での行政経験やベンチャー企業での経験、さらには海外留学や就労の経験を有する者など、多才なメンバーで構成されています。この専門員と事務員の二つのラインが両輪となって、キングスカイフロントを発展させていきます。

新型コロナウイルス感染症の難局を乗り越え、当事業部のメンバーが100%能力を発揮できるように、私のネットワークやトップ・マネジメントの経験を活かし、クラスター事業部のミッションを果たしてまいります。どうぞよろしくお願い致します。

ページのトップへ